結婚披露宴は、新郎新婦をお祝いする場だが、ゲストが楽しみにしてしまうのが料理http://www.rootdownsound.com/6.htmlだと思う。
私もその1人だ。
今まで、出席した披露宴は10回くらいだが、それぞれのホテル、ゲストハウスで出された料理にはそれぞれの特徴http://www.dallaswiens.com/shoku.html
がある。
そして、年々、変化していると思う。
新郎新婦が試食したりして、悩んでコースを決めてくれたのだろうと思うと、とても嬉しくなる。
印象に残っている、結婚披露宴といえば、ビュッフェスタイルの披露宴だ。
会場の真ん中に、目にも美しい料理がたくさん並んでいた。
会場の隅では、ローストビーフを塊から切り分けてくれるシェフ、バーカウンターでは、注文したドリンクを出してくれる。
いつも、かしこまった雰囲気の披露宴でちょっと緊張しながらの食事だったが、このバイキングスタイルの結婚披露宴は、新郎新婦とゲストが、本当に気楽に、楽しく、自分の好きなものを好きなだけいただけるという、私が今までの結婚披露宴で経験したことのない新しいスタイルだった。
新郎新婦と写真を撮ったり、談笑する時間もたっぷりあるし、他の参列者と新郎新婦の思い出話に花を咲かせたり、新郎新婦と参列者の距離が近く、一体となれる素敵な披露宴だった。
最近の結婚披露宴の料理で驚いたのが、チョイスメニューというものだ。
招待状の中に事前にコースメニューの写真が掲載された用紙が入っており、前菜、メイン、スープ、デザートに至るまで、2種類の中から選べるようになっている。
出欠表に選んで記入して、返信する。
準備する会場は大変だとは思うが、自分オリジナルのコース内容にできるというサービスに時代の変化を感じた。
一生に一度の思い出の為にサプライズhttp://www.ihncleveland.org/w2.htmlも計画してみてはいかがでしょうか。


今まで友人の結婚披露宴にいろいろ参加してきたが、問題は自分の披露宴をどうするかと、いざ自分がその立場になると、本当に悩んだ。
こちらhttp://www.pwoconline.org/resse.htmlのサイトも参考にしてみると良いでしょう。
今の主人と何度も話し合い、会場とも打ち合わせをした結果、ビュッフェスタイルにしようということで決定した。
ビュッフェスタイルで提供できる会場を選び、会費制のレストランウェディングという形にしようということになった。
自分が、ビュッフェスタイルの友人の披露宴がとても印象に残っていたこと、私たちが日ごろお世話になっている方を招待するというスタンスで披露宴を行いたかったので、このような形をとることにした。
ビュッフェに関しては、やはり内容と味が大変気になったので、試食会を行ってもらい、スタッフと内容について何度も打ち合わせを行った。
ウエディングケーキもオリジナリティを出したいということで、お寿司のケーキをお願いした。
ケーキのデザイン画をスタッフに渡し、当日のお楽しみということにした。
ゲストに喜んでもらいたい、楽しんでもらいたいと、一生懸命に準備した披露宴当日、楽しい時間はあっという間に終わってしまい、料理は本当においしかったか、ゲスト楽しんでもらえたか心配だった。
お寿司のケーキはハート型でとてもかわいく仕上がっていて、カットするのが惜しかった。
お見送りの際に、ゲストから本当に心暖まる披露宴だった、おいしかった、たくさん好きなものを食べれたなどの言葉をいただいて、少し安心した。
私たちの気持ちが少しでもゲストに伝わったとわかり、うれしかった。後日、結婚披露宴の写真ができたときに、料理の写真もあった。
前菜が目にも鮮やかな、芸術的な盛り付けで広がっていたのを見て、私たちのわがままをたくさん聞いてくださったスタッフに心から感謝した。 気になる費用の内訳http://www.iwakiminatomaturi.com/uti.htmlについてもしっかりと調べておきましょう。